トップページ|ミズタニ自転車株式会社

検索
 
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン
最近のコメント
最近の記事
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ

2009年10月22日

しまなみを走る

しまなみアイランドライドに参加しました。

DSCN0027.jpg

もちろん、BIKEは11月発売のグラファイトデザイン「METEOR Speed」
DSCN0009.jpg
踏めば踏むほど伸びる加速感が気持ち良く、
150kmの長丁場にもかかわらず、序盤からついつい飛ばし気味。

DSCN0054.jpg
こんな素晴らしい景色ですが海道は風が強く、なかなか手強いシチュエーション。
更に前半のハイペースが祟って、後半はちょっとお疲れ気味。
「METEOR Speed」のしなやかさに助けられ、なんとか最後まで走り切れました。

DSCN0060.jpg
伯方の塩ソフトにも助けられました〜(笑
posted by MIZUTANI BIKE at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

GDR Debut!

残暑厳しい日が続きますね。あせあせ(飛び散る汗)

先週末は三重県にある鈴鹿サーキットで真夏のロードバイクの祭典であるシマノスズカロードレースが開催されました。

多くのロードレーサーたちが集うこのイベントで、日本を代表するコンチネンタルプロチームである 
”EQA 梅丹本舗 GDR” のみに供給されているグラファイトデザイン社のピュアレーシングフレームが
11月の市販を目前にひかえ今回のレースでお披露目となりました!ひらめき

IMGP2105.jpg

市販されるフレームは選手たちがツアーを通して使用するオールラウンダー”Meteor Speed",
ヒルクライムが得意な選手のために設計された”Meteor Launch"の2タイプ。

一言でカーボンフレームと言っても、デザインや設計はブランドによって千差万別。
たわみを抑えるために必要以上に補強された部位と、その反面振動吸収を持たせる為の華奢な部位を持つアンバランスな
製品が数多く出回っているのが現状。爆弾

IMGP2108.jpg

GDRのフレームはカーボン素材が持つ最大の特徴である ”しなり” が生み出す反力を走りに
最大限生かすように設計されています。

先日のフォークインプレでもご紹介しましたが、GDRは現在の日本トッププロが使用するゴルフシャフトの設計、開発を行う
世界屈指のカーボンシャフトブランドであり、カーボンの持つ”しなり”の特性を熟知した本物の技術者集団。

そんな彼らが3年かけて選手と共に創り上げてきた本物のレーシングフレームが市販されることは
今年一番のHOTなニュースでは無いでしょうか?ひらめき

製品の詳しい情報は程なくGDRのHP:http://www.gd-inc.co.jp/cycle/index.html
ミズタニのHPにて発表されることとなりますので、是非お見逃し無く!!パンチ

IMGP2110.jpg
posted by MIZUTANI BIKE at 23:27| 東京 ☁| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

Impression of GDR!

先日CIOCCに装着したGDRのフォークを早速いつものコースでテストしてきました。ダッシュ(走り出すさま)

IMGP1832.jpg

そうそう、カーボンフォークを交換して、果たして違いが判るのかな?と感じられる方も多いのではないかと思うのですが、
ここが人間の五感の優れたところ。
これが意外と判るものなんです!ひらめき

一般に自転車雑誌のライターさんのようにバイクに乗り慣れていないと
パーツ交換で生じる性能差を具体的に感じることはなかなか難しいのでは?と思われがちですが、
皆さんが乗りなれているバイク、走りなれている場所で交換パーツ以外いつも通りのセッティングでテストすれば
交換前と交換後での性能差が判りやすいんです。

タイヤやフレームなど、機能パーツを交換したら是非意識してテストしてみてください。サーチ(調べる)


さてGDRのファーストインプレッションですが、走り出してすぐ感じるのはその振動吸収性の高さ。

以前は路面からの突き上げ感に角があるような印象でしたが、アクセラレートではその角ばった突き上げ感が消えて、
とてもマイルドな乗り味に変貌。

それともうひとつ、下りの安心感が大幅にアップ。
さすがその辺りはプロレースを戦うパーツ、軽量でありながら下りの剛性感が高く安心してコーナーへ突っ込めました。
この差は大きい。

そして登りでのパフォーマンスも大きな変化が…。
ダンシング時のモーションが大幅に向上。
以前は左右に振った時点でパワーロスが大きく、前進する感じが今ひとつでしたが、
アクセラレートでは振った次のモーションでちゃんと踏んだ分以上に前へ進んでいってくれます。

今回の総評としては下り、登りでの大幅な性能アップと200g以上の軽量化を果たしたので
限りある?!お小遣いの使い道としてはメリットが大きい!

久々に納得のいくアップグレードとなりました。晴れ

IMGP1840.jpg
日本の工業製品はとても繊細で、人間の五感に訴えるものが多いと言われていますが、
グラファイトデザイン社が着目している点もまさしくそれらと同じ。

外見やブランドのネームバリューだけに惑わされない、本物の違いが判る方に特にお勧めしたい秀逸な製品といえるでしょう。


…。
写真を撮っていたらどこからともなくガーリックオイルのいい匂いが…。
IMGP1846.jpg

ここは葉山にある老舗レストランの1つ、PLAGE SUD。

こうして見ると普通のレストランに見えますが、ここから車で下に降りるの?!的なロケーションにお店と駐車場があります。
ドライブにいらしたら是非TRY!(御用邸方面から右折進入のみ可です!)

ここのお勧めはこのお店定番のガーリックが効いたぺペロンチーノ。
ボーノ!!!ですよ。

しかし、さすがにレーサージャージ&パンツで入店する勇気はありませんでした…。バッド(下向き矢印)
posted by MIZUTANI BIKE at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする