トップページ|ミズタニ自転車株式会社

検索
 
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン
最近のコメント
最近の記事
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ

2011年12月01日

レース使用機材紹介 

こんにちは。ミズタニ自転車のTです。

先日のレースで使用した機材の紹介と簡単な感想を述べたいと思いますexclamation
個人的な使用の感想ですが、何かの参考になれば幸いですexclamation



グラファイトデザイン Meteor Launch(メテオランチ)
IMG_1224.jpg
しなりによって速度を維持できるので、疲れて集団内で休んでいるとき楽です。
何度アタックしても脚が残りやすいっていうのが今回のレースでも感じましたexclamation
しなり=剛性が低いと思われがちですが、そんなことないですよ。
逆に漕ぐ力を、120%で伝えてくれる感じですグッド(上向き矢印)
乗れば乗るほど、深みがわかってくるフレームはそうないと思います。今後も試乗会を開催していきますので、是非乗ってみてくださいぴかぴか(新しい)

来年初頭発売予定の新しいロードフレーム「ZANIAH(ザニア)」も、充分に特性を活かしています。注目してみてください。exclamation


WH-7900TU-C50-TU
IMG_1218.jpg
少し前まで一世代前(半世代前?)の7850のC50・チューブラーに乗っていました。
そんなに変わらないかなぁと思っていたのですが、かなり差がありましたあせあせ(飛び散る汗)

何よりハブの回転が凄く滑らかな感じがします。7800と7900のハブでこんなに違うのかと思うくらいですグッド(上向き矢印)
剛性が適正化されているのか、ダンシングした時も7850より軽く感じますぴかぴか(新しい)

凄くシンプルなカラーリングで、バイクが凄くしまって見えるのも好ポイントですねぴかぴか(新しい)


GP4000TU
IMG_1240.jpg
同じチューブラーであるコンペティションとの比較です。
クリンチャーのGP4000Sを元にしているだけあって、クリンチャーに近い乗り味です。

コンペティションがトレッドが砂地のように細かいので、吸い付くようにグリップするのに対し
GP4000TUの方が転がり抵抗が低く、剛性が高いように感じましたexclamation

好みにもよりますが、自分はGP4000TUのが好きですねexclamation


こんな感じで商品紹介と簡単なインプレを書いてしまいましたが、いかがだったでしょぅか?(^_^;)
あまり参考にならないかもしれませんが、宜しくお願いしますわーい(嬉しい顔)

今週末は4日の「名古屋サイクルフェスタ2011」に出展します。グラファイトデザインとBD-1展示、試乗の予定です。
是非お越しくださいませexclamation


ちなみに試乗会情報などはミズタニ自転車ホームページからご覧になれます。随時更新されていますので、よろしければご覧ください。

ではでは
posted by MIZUTANI BIKE at 13:15| 東京 ☁| Comment(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。