トップページ|ミズタニ自転車株式会社

検索
 
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン
最近のコメント
最近の記事
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ

2009年09月07日

Change!

毎日の通勤、週末には海、山、そして街へ散策に出かける我が相棒。手(チョキ)

これまでにシートクランプの錆を取ってペイントしてあげたり、伸びきったチェーンや劣化したアウターワイヤーを
交換してあげたりと、ちょくちょく手直しをしながら日々を過ごして来ました。

今回は、錆が目立ち始めた純正ヘッドパーツをヘッドパーツの王様、クリスキング製にチェンジ!することにしました。ぴかぴか(新しい)

IMGP2111.jpg

さすがに5シーズン目、大分錆びてきていますね…。たらーっ(汗)
IMGP2112.jpg

車輪を外してステアリングを切ってみたら何だかゴリゴリした感覚が…。
ヘッドを開けてみたら中はこんなでした!どんっ(衝撃)
IMGP2125.jpg
やはり錆が気になります。

そうそう、ブロンプトンに使われているヘッドパーツはオーバーサイズのナット式なのですが、意外とヘッドパーツ高の合うものが少ないのが現状。
ただでさえアヘッド式が全盛でナット式は販売されていないのに…。バッド(下向き矢印)

今回装着したのは2NUTというヘッドパーツ。(新着!ぴかぴか(新しい)
価格はチトお高めな2万円也…。
高いと思ったあなた!
実はこれ、物にうるさい日本人をもうならせる、極めて高い精度と耐久力を兼ね備えた至高のパーツなんです。
正にブランド名の通りの代物という訳。ひらめき

前置きはさておき、インストール前に純正品と高さを比較。
IMGP2131.jpg
下側:キングのほうが3ミリくらい高い…。


IMGP2132.jpg
上側:ダストシールの分だけ純正のほうが高い…。

ということで何とか装着することは出来そう。サーチ(調べる)

とりあえず古い部品を外し、新しいパーツを組み込んでいきます。
オット、ステムキャッチャーがヘッドに擦れる…。あせあせ(飛び散る汗)
IMGP2134.jpg
カッターで少し角を落として対応。
ここなら強度的にも問題なし。

あとは気になる固定ナット部。
ヘッドのベアリングを受ける部分はOKですが、ロックナット用のねじ山が少し足りない…。
IMGP2138.jpg
ロックナットがアルミなので、トルクに気をつけて締め付け。
(注:今回はテストも兼ねて装着していますが、このような場合には純正の鉄製ロックナットの使用をお勧めします)

あとは外したパーツを装着して完了。
IMGP2141.jpg綺麗でしょ?!

早速テストライド。ダッシュ(走り出すさま)
何ともスムースなハンドリング感!サイコー。グッド(上向き矢印)

これでまたひとつ日々の楽しみが増えた、今回はそんな感じのアップグレードとなりました。晴れ
IMGP2142.jpg
posted by MIZUTANI BIKE at 01:12| 東京 ☀| Comment(0) | 折りたたみ、小径バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。