トップページ|ミズタニ自転車株式会社

検索
 
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン
最近のコメント
最近の記事
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ

2016年06月17日

トレーニングアシスト機能を使ってトレーニング!その2

前回の続きです。
メニューからシクロスフィアでの解析についてです。
DSC_0497.JPG
メニューが終わりました。
ログを保存し普段の手順でシクロスフィアにログをあげます。fd21a19527.jpg

リザルトが追加されるので開くと結果を見ることができます。79d91d601.jpg
結果が表示されます。ほぼ目標の数値どおりでした。
103ab5b1.jpg
上のグラフから2分20秒ごろにギアを一枚重くしたのが分かります。90rpmでは狙った数値とかみ合わなかったので、前半95rpm後半86rpm目安で調整しました。
63c46618.jpg
上記の例を参考に自分の結果と比較してOKだったのかNGだったのか確認しましょう。
今回は中盤のギアを変えた際に少しパワーがばらつきましたが合格点ですね。

いかがでしょうか?
普段「ペースを一定に保つ」ことを意識していてもわずかな上り坂や向かい風ではパワーは上がってしまいますし、下り基調や追風ではパワーは低くなってしまいます。
自動車に例えてみましょう。燃費の良い走り方をしたいのであればアクセルを強く踏むのは良くありません。アクセルを一定に保つのが一番すぐれた走り方です。
自転車も同じです。一定の負荷をキープするのが効率の良い走り方だといえます。

先週、Mt.富士ヒルクライムを走った際、平均速度は23km/hほどでしたが、序盤の急斜面は12km/h、緩斜面は30km/hを超える場面もありましたが基本的には同じ出力で走っていました。

いづれ紹介すると思いますが自分のFTP数値(パワートレーニング入門B6で計測できます)を把握することで、それをベースとして様々なメニューを組んで練習することができたり、実走でペースメイクする際の目安になります。

様々なパワートレーニングの情報があり「どれをやればいいのか分からない・・・」「いろいろと面倒くさそう・・・」など敬遠されていた方も多いと思います。

トレーニングアシスト機能を用いれば段階を踏んでスキルアップすることができます。
今回はパワートレーニングを紹介しましたが、パワーメーターを使わない「トレーニング入門」、ペダリングモニターをフル活用した「ペダリングトレーニング入門」の合わせた3コースのトレーニングプログラムが用意されています。

今回は一部しか紹介できませんでしたが、メニューをやった際にまた書きたいと思います。



posted by MIZUTANI BIKE at 14:34| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレーニングアシスト機能を使ってトレーニング!その1

新人です。

先日、105左クランク装着のモデルが発表され、さらに注目を浴びているpioneerペダリングモニター。
今回は新たにファームウェア更新で追加になった「トレーニングアシスト機能」について実践してみたので紹介したいと思います!

・そもそもパワートレーニングとは?
数年前まではパワーメーターを使用してのトレーニングといえば、一部の限られたシリアスレーサーが効率よく計画的に強くなるための手段として用いてきたものでした。
簡潔に言うと、体調に左右されず絶対的な指標となる出力(W)を用いて自分の狙ったトレーニングを効率的に行うというものです。

かつては非常に高価であり(今でも安いわけではないですが)限られたメーカーさんしか販売していなかったパワーメーターですが、今現在では様々な特徴をもったパワーメーターがあります。

pioneer ペダリングモニターは「ペダリングの可視化」
出力のみでなく自らのペダリングまで見ることのできるというアドバンテージをもつパワーメーターです。

では本題に入ります。
・まず初めにスマートフォン、タブレット端末から解析ソフトであるシクロスフィアにアクセスします。5096bc75.jpg  6d52092b.jpg
・ワークアウト画面右上の矢印の部分をタッチするとメニューが表示されます。その中にあるトレーニングアシストをタッチします。
15337960.jpg

・すると説明、使い方、それぞれのメニューが表示されます。
今回はパワートレーニング入門にチャレンジしてみましょう。
fd21a197.jpg  80c04928.jpg
・今回はB1「パワーを一定で走行する」をやってみます。メニューを開くとメニューの概要の説明があり、時間、出力を設定します。
デフォルトでは、
ウォームアップ5分→メニュー5分(体重×3w)→クールダウン5分に設定されています。
時間、出力、ケイデンスを設定しましょう。
「メニュー作成」をタッチします。

ここまでおわりましたらSGX-CA500の操作に移ります。
DSC_0485.JPG  DSC_0486.JPG
メニューからトレーニング→トレーニングアシストに進みます。
DSC_0491.JPG
Wi-fiでメニュー取得します

それでは実際にやってみましょう!
DSC_0495.JPG
5分間のアップを終えるとカウントダウンとともに設定したワットが表示されます。
DSC_0494.JPG
ここからは5分間一定出力を保ちます
メニューが終わると、5分間のクールダウン走行です。
DSC_0497.JPG
メニューが終わりました。さて結果はどうなったのでしょうか?
長くなってしまったので、メニュー後〜シクロスフィアでの解析は次の記事に書きたいと思います!








posted by MIZUTANI BIKE at 13:18| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。