トップページ|ミズタニ自転車株式会社

検索
 
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン
最近のコメント
最近の記事
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ

2016年06月10日

DMR TRAILSTAR 2

前記事の続きです。
3本目はDMR TRAILSTAR2で走ってみました!DSC_0421.JPG
フレーム:DMR TRAILSTAR2
フォーク:manitou MAGNUM PRO 27.5
タイヤ:Panaracer Fat B Nimble 27.5×3.50(公式には2.8まで)
・仕様
■BB規格:73mmねじ切り 
■4130クロモリスチールチューブ
■シートポスト径:31.6mm/シートクランプ径:34.9mm
■チェーンデバイス台座:ISCG05
■リア規格:142mm×12mmスルー(アクスル付属)
■ヘッドアングル: 66°
■シートアングル: 72°
■トップチューブ(Virtual): S-595mm M-614mm L-634mm
■シートチューブ長: S-383mm M-450mm L-480mm
■リアセンター:425mm  
■BB 下がり: 40mm (150mm トラベルフォークの場合)
・価格
¥101,000(フレームセット、税別)

詳しい記事はこちらでも紹介しています
http://mizutanibike.seesaa.net/article/437842822.html

今回は挑戦してBコースを走りました。中盤のハイスピードセクションでの絶対的なグリップ力はDER BARONには及ばないものの、エアボリュームがあるため挙動が読みやすかった印象です。またタイヤが滑り出した際のリカバリーもしやすかったですね。
ドロップオフでの姿勢をミスして着地が不安定になってもタイヤの太さがカバーしてくれました。一度、落差のある木の根で転倒してしまいましたがそれ以外はとても楽しく下れました。

見た目とは裏腹にタイヤの太さを感じさせない軽快な乗り味が印象的でした!
今回は空気圧を1.5barで走りましたがリアが跳ねてしまう感覚があったのでもう少し下げてみてもよかったかもしれません。ただリム打ちのリスク、舗装路でのもたつきなどを考えると下げすぎるのもよくないのでバランスが難しいですね。乗り方に合わせて変えてみると面白いと思います。

27.5/27.5+のコンバーチブルデザインになっているため様々な使い方ができるのも魅力です。

カラーはステルスブラックredd83cafb-37f5-4ca9-82d9-a5aa014b5ab8_4000x1375.jpg
創業当初のデカールを再現した20周年カラーのスローバックブルーの二色ですree5e3920f-ea85-441a-8b7b-a5aa014b5ab8_4000x13755B15D.jpg
※Sサイズのみ、シートチューブ下のガセットが取り除かれます。

不朽の名作TRAILSTAR、是非ご検討ください!



posted by MIZUTANI BIKE at 15:18| 東京 ☀| マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

niner ROS9

新人tです。
先日、得意先様のイベントで富士見パノラマリゾートに行ってきました。
MTBはほぼ初心者ですが、空いた時間を見つけて試乗車でダウンヒルに挑戦しました。
やはり実際に走ってみないと分からないので初心者目線で各バイクについて書いてみたいと思います。
とりあえず最初は先輩からお借りしているXC系の26インチのバイクでCコースを下見しました。

2本目はniner ROS9にて
DSC_0417.JPG
フレーム:niner ROS9
フォーク:manitou MAGNUM PRO
タイヤ:Continental DER BARON PROJECT 29×2.4
・仕様
■素材:4130クロモリ 
■BB 規格:EBB 
■アクスル規格 12×142mm
■2.4インチ タイヤ対応(27.5+規格対応)
■ヘッドパーツ規格:44mm(テーパードフォーク対応) 
■サイズ:S(165-175cm)、M(173-183cm)
■付属品:EBB、シングルスピード用
 リアエンド、ヘッドパーツ、リアアクスル
・カラー
フォージドグレー、パープル、シルバー←NEW!
・価格
¥14,8000(税別、フレーム単体)

ROS9はシートチューブを湾曲させることで29インチながらチェーンステー長427mmという短さを実現しております。これにより29インチのネックである反応性、取り回しの悪さを解消しています。

実際に走り始めると流れる景色の速さが全然違います!一本目は様子見ということもありましたが、それを考慮してもとても楽に速く走れます。
まだ26インチのXCタイヤのバイクにしか乗ったことがなかったので、29インチのもつ走破性の高さ、DER BARONの圧倒的なグリップ力と安心感は衝撃でした。
経験が浅く最適なラインにうまく乗せられない場面が多々ありましたが、扱いやすいROS9、バロンの組み合わせが技術面の拙さをカバーしてくれました!
まるで自分が「乗れている!」という錯覚に陥ってしまいそうでした(笑)攻めすぎには注意ですね。

ROS9は一台で幅広いシチュエーションに対応しています。
これからトレイルに挑戦してみようかな...山で遊べるバイクが欲しいな...初心者から熟練者まで誰が乗っても楽しめる、そんなバイクです!

さらに今年から新色のシルバーが新たにラインナップに加わりました!ROS9_Bluer.jpg

オールラウンドなROS9、是非ご検討下さい!

posted by MIZUTANI BIKE at 11:37| 東京 ☀| マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする