トップページ|ミズタニ自転車株式会社

検索
 
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ファン
最近のコメント
最近の記事
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ

2013年07月30日

NINERに新しい車種が仲間入りします

今日はNINERから今年の9月に発売開始予定の新しい車種をご紹介したいと思います😃

新しい車種、それはコーナリングが楽しいクロモリ・ハードテイルフレームのROS9🎵

NINER  1.jpg

従来のクロモリフレームの多くはクロスカントリ−用のジオメトリーで設計されているため、120mm を超えるフォークと組み合わせることで想定されたポジションが変化して乗りにくくなってしまいます😖

しかし、このROS9は120mm フォークでリアルにトレイルを楽しめるように設定された全く新しいジオメトリーを持つハードテイル・フレームとなっております✌

カラーはFORGE GREY,RALLY BLUEの2色展開、サイズはS,M,Lの3サイズ、価格は¥123,000 (税抜)を予定しております😃

詳しい情報は下記リンク(弊社ホームページ)に記載させて頂いておりますので御確認ください💡

http://www.mizutanibike.co.jp/news/detail.php?cd=118

是非、ROS9をよろしくお願いいたします⤴⤴⤴
posted by MIZUTANI BIKE at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | マウンテンバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

地元発見伝!常滑市♪

こんにちは、Jです。
6月最終の土日、東海地方の空は良く晴れて、絶好のお出かけ日和となりました晴れ
初夏の日差しを感じつつ、愛知県知多半島にある常滑市へ行ってきましたので、少しご紹介したいと思います。IMG_5582.JPG

美濃焼、瀬戸焼とともに、東海地方は古くから焼き物が盛んでした。中でも常滑焼は瀬戸、越前、信楽、丹波、備前と並び日本六古窯の一つとされ、その歴史は最も古く、最大規模を誇ったといわれています。
皆さんの生活に欠かせない便器やタイルを作る現LIXIL(旧INAX)のもととなる伊奈製陶鰍ェ起こった町でもあります。
現在も建築用陶磁器から陶芸作品まで幅広い焼き物が生産されており、町のあちこちに残るかつて焼き物づくりに使われた窯場や赤レンガ煙突をめぐる『やきもの散歩道』を散策することで、常滑の伝統と文化を楽しく学ぶことができます。
IMG_5584.JPG   IMG_5593.JPG

こちらは国指定重要有形民俗文化財の「登窯」目
斜面を活かして重力による燃焼ガスの対流を利用し、陶磁器を大量生産するための先人の画期的な発明でしたひらめき
DSC_0731.jpg  DSC_0733.jpg

散歩道のわきには、INAXのお膝下だけにこんな風景や、
IMG_5583.JPG

こんな風景もあり、とても心癒されます。
IMG_5571.JPG
常滑市は招き猫生産量、全国1位なのだそう猫
見守り猫「とこにゃん」が見守る「招き猫通り」と称する通りもあるようです。

こちらは坂の両壁に土管と焼酎瓶が埋め込まれた「土管坂」。現在も生活路として利用されています。IMG_5585.JPG

今回は小径車を車に積み込み、目的の町でポタリングをするというスタイルで、のんびり楽しむことができました。
身近にありながらまだまだ知らない地元の魅力を探しに、皆さんもぜひ出掛けてみてくださいるんるん

2013年も折り返しを迎えました。
それぞれのスタイルで、それぞれのバイクライフを楽しみながら、2013年後半も駆け抜けていきましょう手(パー)IMG_5594.JPG

posted by MIZUTANI BIKE at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。